子育て

子育てが辛い時の相談場所を持っておくと楽しく育児ができる!

投稿日:

誰にとっても子育てはやりがいのある仕事ですが
同時に辛いものです。

始めて子どもが生まれることは本当に嬉しいものです。

さあこれから楽しい家庭を作ろうとうきうきした
気持ちで病院から家に帰るはずです。

ところが子育ては楽しいことばかりではなくかえって
辛いことが多いものです。

まずほぼ三時間おきに授乳しなければなりません。

夜やっと寝付いたと思ったら起きたまたおっぱいを
飲ませなければならないわけです。

寝不足がつづき、イライラすることもしばしばです。

寝つきの良い子もいますが、なかなか寝付かない子もいて
もう毎日がくたくたです。

何とかして寝付かせようと焦れば焦るほど子どもは泣く
という悪循環に陥ると、

新米ママはもうどうして良いかわからずにおろおろする
ばかりです。

こんなに助けてくれる母や義母がいると良いのですが、
最近は核家族が多く、他のみのパパは仕事で遅くまで
帰らないことも多くてあてにできない家もあります。

そんな状況では産後うつにもなりかねません。

状況打開のために子育てが辛いと相談する

一人で悩まずにできるだけ他の人に相談して助言を
してもらうのが良いと思います。

自分の母や義母、親しい友達ですでに子育てをしている
人などがそばにいたら、

こんな時はどうしたらいいのかと聞いてみると、
なんだそうだったのか他の人も同じ悩みを経験していたのか
ということが分かるだけでも気分が楽になりますし、
良い方法を教えてもらえることもあります。

母や義母が少しの間でも手伝いに来てくれるかも
しれません。

そうすれば少しでも休養を取ってリフレッシュすることが
できるでしょう。

もし身近に相談できる人がいなかったり、適当な助言が
得られないときは、保健所や市役所の電話相談に電話して
助言を求めるのも良いでしょう。

こういう公の相談では専門家の助言が受けられて、
思いがけない良い方法が見つかることもありますし、

家事が滞っている新生児のいる家庭には低料金でヘルパーさんを
派遣する制度を紹介してくれることもあります。

そうしたサービスをフル活用すれば、かなり負担軽減になります。

また製薬会社などでやっている新生児についてのアドバイスを
受けられる電話相談も案外役に立ちます。

電話でも困っている育児について話を聞いてもらいアドバイスを
もらうとそれだけで気が晴れることもよくあります。

要は孤独な育児を避けることです。

インターネットや育児雑誌も活用して子育てが辛い!克服する

電話相談も時間の制約があると思う人はいつでも使える
インターネットで同様の育児に悩むママのブログを読んだり、
育児についての情報を調べるならば深夜でも気晴らしをすることが
できたリフレッシュになります。

画面を見るのは目が疲れるという人は育児雑誌をいくつか
買ってパラパラとめくるだけでも気分転換ができるかもしれません。

あまり育児に夢中になり過ぎると、なんで寝てくれないの、
なぜミルクを飲まないの、私のやり方が悪いのかもしれないなどと
赤ちゃんや自分を責めてますます状況が悪くなることもあり得ます。

ほかの人のやり方を見たり、同様の悩みを抱えた人の話を
読んで私人ではないと思えればかなり気持ちが楽になり
余裕も生まれます。

ママが余裕があると赤ちゃんも落ち着いて寝つきも良くなり、
機嫌よくミルクを飲むようにもなるものです。

子育てが辛い時の相談についてまとめ

育児は誰にとっても大変です、一人でなんでも完璧に
やろうと考えるのではなく、力を入れ過ぎず、

必要に応じて他の人や専門家に相談して助言をもらいつつ、
時には母や義母できればパパに、公のサービスを使って
手伝いを頼みリフレッシュする時間を作り
乗り切りたいものです。

その方がママにとっても赤ちゃんにとっても楽しい
時間を過ごすことができると思うのです。

-子育て
-, ,

Copyright© 子育て・家事・家計・美容・健康・ダイエットにまつわる疑問あれこれ解決 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.