子育て

子育てに疲れていませんか?ママに送る5つのリフレッシュ方法

投稿日:

初めての出産を経験して待望の赤ちゃんと対面した
その日から子育てがスタートします。

赤ちゃんはかわいいけれど子育ては決して楽しい事
ばかりではなく、特に新米ママ達にとって毎日の
育児は想像以上に疲れるものです。

しかし今は辛いと感じる育児も永遠に続くわけでは
ありません。

上手にリフレッシュして
赤ちゃんとの大切な時間を笑顔で過ごしませんか?

子育てに疲れたらママの休息がいちばん大切

頑張りすぎる育児よりも、ママがきちんと休息をとる
事は赤ちゃんにとってもプラスになります。

新生児の頃は誰でも真夜中の授乳やオムツ替えで慢性的に
寝不足の日が続きます。

充分な睡眠時間が確保できないまま無理をすれば、
子育てどころかママの心も体も壊れてしまいます。

人によっては出産前と同じように料理や掃除・洗濯
などの家事をこなそうとしたり、

赤ちゃんの離乳食が始まれば市販のベビーフードに
頼らず手作りにこだわる。

そんな完璧な母親になろうとして思い通りに行かずに
悩むママは沢山います。

一度、肩の力をスッと抜いて「休息第一」を貫いて
しまいましょう。

赤ちゃんが眠っている時には一緒にぐっすり眠り、
周りの人たちにSOSを出してママの休息時間を必ず
確保してください。

もしも無理をしてママが倒れてしまったら一番困る
のは赤ちゃんです。

疲れをとるには自分だけの時間を作ってリフレッシュする

育児疲れをリフレッシュする簡単な方法は
赤ちゃんと離れてみる事です。

夫や祖父母など、頼れる人がいれば預けてしまいましょう。

「赤ちゃんには私がいないとだめだ」とか
「夫に預けるのは心配」などの考えを一切なくす事が
重要です。

ほんの1~2時間だけでも赤ちゃんを預けて自分だけの
時間を作る事で、疲れていた心も体もリセットされます。

「丁寧にメイクをして出かけてみる」
「自分の趣味に没頭する」「エステやマッサージに行く」
など、出産後に控えていた事を思いっきり楽しむ
時間を作りましょう。

また優しい気持ちで育児に向き合えるきっかけになるので、
赤ちゃんにとってもママの自由時間は大切です。

体を動かしてリフレッシュすれば疲れがとれる

思いっきり体を動かす事は、
ストレス発散や快眠につながります。

晴れた日には赤ちゃんをベビーカーに乗せてお散歩を
するだけでもリフレッシュになり、
赤ちゃんも疲れてぐっすり眠るようになります。

「公園で思いっきり遊ぶ」「親子でベビースイミングに通う」
「ヨガやストレッチで腰痛を防ぐ」など、
自分に合った方法で体を動かす事はとても大切です。

疲れた時は思いっきり泣いて笑ってリフレッシュ

ストレスが溜まったり疲れている時に効果的
なリフレッシュ方法は、ママが思いっきり泣いたり
笑ったりする事です。人間は泣いたり笑ったりすると
脳内にセロトニンが分泌されて、ストレスを解消する
効果があります。

「お笑い番組を見ていっぱい笑う」
「感動的な映画のDVDを観て涙を流す」など、子育て中の
ママが思いっきり泣いたり笑ったりできる時間を
とる事で、心身ともにスッキリさせる効果があります。

子育てを語り合える仲間と話してリフレッシュする

仕事から帰宅した夫に、その日の赤ちゃんとの出来事を
たくさん話すのも大事な時間ですが、
ママにとっていちばんリフレッシュになるのは
「共感できる相手と語り合う」という事です。

一人で育児を抱えているママの中には丸一日誰とも話を
しない日が続くと孤独を感じる事があると思いますが、
同じ悩みを抱える母親は決して少なくありません

同じ育児を頑張っているママ友と会って話をしたり、
地域のふれあい親子サロンや育児相談などを利用して、
いろいろな育児の悩みを共感してもらう事で
「私一人だけじゃないんだ」と、心がとても楽になります。

-子育て
-, ,

Copyright© 子育て・家事・家計・美容・健康・ダイエットにまつわる疑問あれこれ解決 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.