子育て

子育てのストレスでヒステリーになっている方への処方箋

投稿日:

子育てを頑張っている、あなた。最近、疲れていませんか?

「子育てがこんなに大変なんて」と嘆いたり、ついつい
子供にあたり散らしてしまい「こんなはずじゃなかった」と
後悔したりしていませんか?

悩んでいるのは、あなただけではありません。
「もっと子供を大事にしてあげたい」心の中ではそう願いながらも、
いざ子供と向き合うと、なかなか思ったとおりにいかない。

そんなあなたに、贈ります。

①ストレスを溜めない子育て~乳児期

乳児期は、言葉でのコミュニケーションがほとんど
取れません。

泣いたり、イヤイヤをしたり、思った通りに動いてくれないことの
ほうが多く感じる時もあるでしょう。

思い通りに行かないとストレスが溜まるのは、人間の常です。

イライラ、カリカリしない為には、こんな風に考えてみては
いかがでしょうか。

子供には、手が掛かります。
例えば、オムツが汚れて、子供が泣いている時
「オムツを替える=面倒くさい」「泣いている=うるさい」と思うと、
オムツ替えが苦痛にしかなりません。

しかし「オムツを替える→子供が気持ちよくなる→泣き止む」と
考えてみて下さい。

「そうか、今きれいにしてあげるからね」こう語り掛けながら
優しくオムツを替えてあげれば、子供も落ち着きを取り戻します。

オムツに限らず、「スキンシップをとる」ということに重点を
おいて、子供と向き合ってみましょう。

まだ物言わぬ子供たちですが、それでも全身で自己主張を
してきます。

うなづいたり、指差しをしたり、泣いたり…これら全て、
子供からのサインです。

小さなサインも見逃さないよう注意すると共に、子供と触れ合う
時間を楽しみましょう。

子供が泣いていても、焦らなくて良いのです。

怒らなくても、良いのです。抱っこしてあげたり、
背中をさすってあげるだけでも、良いのです。

子供がきゃっきゃと笑ったり、手を伸ばしてくれるようになった時、
きっとあなたの顔は優しく微笑んでいることでしょう。

②ストレスを溜めない子育て~幼児期

幼児期は、自分で出来ることが徐々に増え、自己主張が強くなる
時期です。出来ないことも「やる!」と言って、あなたを困らせます。

「急いでるんだから!」「やだ!やる!」「言うこと聞いて!」
こんなやり取りが日常化してきたら、要注意です。

子供は元来、気まぐれで、わがままな生き物です。
自分が甘えたいときはべったり貼り付いてきて、言うことを聞かない
ときは、さっさと逃げて行ってしまいます。

そんな子供の気まぐれに、振り回されることはありません。

話がわかるような年齢なら、反抗してきたらやり合わず
「じゃあ、ママは知らないよ」と、知らん顔をしてみましょう。

あえて放っておくのです。そうなれば大概、子供が「ねえねえ」と
甘えてきます。

ここまでくれば、あなたの勝ちです。「なあに?」と、
落ち着いて話を聞いてあげましょう。

「ダメ」と、即座に否定するような対応を繰り返していると、
子供は拗ねて、聞かん坊になっていきます。

何事も、うまく出来たら褒めてあげる、出来なくても頑張った
ことをたたえてあげましよう。

子供に前向きな考え方が生まれます。

子供が素直になるにつれ、あなたのイライラも小さくなります。

もしイライラしている自分に気付いたら、子供から離れて
みましょう。

子供が泣いていても、ケガ等の緊急事態でなければ、
自分が落ち着きを取り戻すことのほうが大事です。

落ち着いて接すれば、子供も泣くだけ泣いて、ある程度すっきり
していますから、お互いすぐに仲直り出来たりするものです。

③子育てをしていて、ヒステリーな自分に気付いたら

そうは言っても、ついカッとなってしまうことは、
誰しもあります。

もしそんな自分に気付いたら、自分を責める前に、
子供を抱きしめてあげましょう。

子供がわあわあ泣いていても「ちょっと怒りすぎちゃったね。ごめんね」
と素直に謝れば、子供が深く傷つくことはありません。

あなたが抱きしめてあげれば、子供も小さい手であなたを
ぎゅっと掴んできます。怒りは尾を引かないようにするのも、
大事です。

「しまった!」と思ったら、まず謝るようにすれば、
子供はすぐに許してくれます。

だって、あなたのことが大好きなのですから。

④ストレスやヒステリーと向き合うことで、子育てが楽しめるように

子育て中、ストレスを感じない人などいません。

要は、どう付き合っていくかです。

ヒステリーになってしまった自分を責めても、仕方ありません。

それよりも、すぐ子供に謝って、抱きしめてあげる勇気を
持ちましょう。

イライラの対処法がわかれば、少しずつ、落ち着いて
子供と向き合えるようになります。

子育ての大変さよりも、子供の愛らしさ、愛おしさが
わかるようになってきます。

愛おしさが大変さを上回れば、もう大丈夫。

子供は、あなたを愛しています。間違いなく、世界で一番
愛しています。

あなたも子供に負けないくらい、たくさんたくさん、
愛してあげましょう。

-子育て
-, ,

Copyright© 子育て・家事・家計・美容・健康・ダイエットにまつわる疑問あれこれ解決 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.