年間行事

連休が嫌な人のために!そもそも連休って取る理由ってあるんでしょうか?

投稿日:

連休は祝日あればどこでも混むしお金を使ってしまうし、生活のリズムは狂ってしまうしで嫌いと思う人は少なくありません。

ですが連休を取るメリットや理由を理解するならば連休を有意義なものとすることができるでしょう。

1.連休を取ることで自分をリセットできる

連休を取ることで自分をリセットし大切なことへ思いを向けることがメリットです。

あまりに仕事に没頭すると家族が疎かになったり、自分の体を気遣うこと、また大切な友人や恋人のことを考える時間が取れなくなり、なんでも自分中心仕事中心の生活スタイルになってしまいます。

連休を取ることで、仕事以外にもしなくてはいけないことがあることを考える機会になるし、実際に連休があることでそれができるのです。

自分をリセットし生活のバランスを取る機会とするために連休は必要なのです。

2.連休を取る理由は普段できないことをするため

連休を取ることで普段できないことができます。

それはちょっとした日曜大工かもしれませんし、親族を見舞うために出かけることかもしれません。

普段はそこまでできない掃除をすることもあるでしょう。

趣味として取り組みたいものも、1日では難しいけど2日から3日あればそれができることは少なくありません。

そうしたことのために連休は必要であり、その時間が無駄になることはありません。

3.体を休めるために連休を取る

蓄積された体の疲れというのは1日ごろごろしているだけでは取れないことが多く、翌日に仕事があると思うと休みたくても休めないことは少なくありません。

連休を取ることで1日なにもしないでぼーっとしたり休みたいだけ休み、体の疲れをしっかりと取ることができます。

ごろごろとした休日は暇のように感じるかもしれませんが、体を休めることになっているのを忘れるべきではありませんし、休むことで歯医者とか気になる体の健診などに行くこともできるでしょう。

4.海外旅行に行くために連休を取る

日帰りでは難しいのが海外旅行ですが、最低でも4日ほどは連休を取り遊びに行くことができます。

海外旅行が大好きな人はこれが仕事のモチベーションになることも少なくありません。

仕事で疲れても海外旅行の計画があれば頑張れるし嫌なことも乗り越えることができたりするものです。

海外旅行のために連休を取る習慣のある人は、前途にこうしたわくわくする計画を持っているので、仕事に意欲が沸いてくることがあります。

5.連休を取る理由は経済効果のため

これは自分のことというよりも日本社会のためということになりますが、景気を良くするために連休は必要ということです。

連休があるのでお金を使う、それをすることでお金が動き経済が活性化されていきます。

仕事ばかりしていると食事代くらいしか使わないかもしれず財布の紐は緩くなりませんが、連休を取ると開放感そして日頃の自分へのご褒美という感じで好きなものを購入したり遊びに行ったりしたくなるものです。

それが景気の上昇を生み、やがては自分の勤めている会社が上向いていくということになることでしょう。

みんながそのようにして連休を楽しむようになることで日本経済は成長するのであり、それによって賃上げという還元を受けることになるに違いありません。

 

連休を取る理由は人それぞれですが、日本人は働きすぎとも言われており、とても真面目であるのはよいのですが、仕事ばかりになってしまう傾向があります。

オンとオフは必要であり、それを取ることで楽しいことや嬉しいこと、刺激的なことを楽しみ人間性豊かな広い見方のできる人としてバランスよく成長することができることでしょう。

そして連休を取ることで有意義にその日を過ごすことができるに違いありません。

-年間行事
-, ,

Copyright© 子育て・家事・家計・美容・健康・ダイエットにまつわる疑問あれこれ解決 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.