年間行事

ディズニーリゾートで一眼レフを使いたいときに雨の場合はどうしたらいい?

投稿日:

ディズニーリゾートは写真スポットが豊富で一眼レフで撮影したい特別な場所です。

この場所に行くことをきっかけに一眼レフを購入するという人も多いでしょう。

ただ、楽しみにしていたディズニーリゾート当日、一眼レフを使いたいときに雨が降ったときはどう対処したらいいのでしょうか。

ディズニーで雨の日に一眼レフを使う方法は?折り畳み傘編

せっかくのディズニーなのに雨で撮影できない、なんて思っていませんか?

雨の日だからこそ撮影できるディズニーの姿というのもカメラマンにとっては醍醐味の1つなのです。

そんなディズニーの雨にもかかわらず撮影を成功させるためには、オススメのアイテムがあります。

それは、レインブラケットIIです。

雨の日にもし折り畳み傘を持っていた際には、こちらの器具を使用しましょう。

レインブラケットIIは傘に固定して撮影を行う道具であり普段は撮影で邪魔になる傘を固定し撮影に集中させてくれる大変便利なアイテムなのです。

雨だからといって一眼レフでの撮影を諦めないで良いアイテムになのです。

ディズニーで雨の日に一眼レフを使う方法は?雨合羽編

ディズニー当日がすでに雨の可能性が高いという場合は、雨合羽よりもウインドブレーカーを使用するようにしましょう。

一眼レフでディズニー内を撮影する際に、雨合羽を使用すると風が吹いたときに雨合羽がなびいたり、通気性が悪く体冷えて指先の感覚がなくなるということになれば撮影するモチベーションも低下してしまいます。

そんな雨の日には、ウインドブレーカーがオススメです。

雨に適応したウインドブレーカーは撥水性能が高いだけなく、体を温めてくれる機能性重視が特徴です。

指先を温め、カメラを濡らさずに使用することもできるので、雨の日はできるだけウインドブレーカーを使用することがおすすめです。

ディズニーならアトラクションも多いので動きやすく便利ですよ。

ディズニーで雨の日に一眼レフを使う方法は?雨具がないとき編

ディズニーで急な雨が降ってきたとき、雨具もないときにはとにかく室内撮影を楽しみましょう。

外の景色に目が向きがちですが、実は店内のレイアウトやキャラクターグッズを撮影するだけでも、写真映えするもが沢山あるので今まで見逃しが違った場面がまた違って見られる再発見できる時間となることでしょう。

雨具がないときには、カメラも濡れてしまいますし、場合によっては壊れてしまうこともありますので無理はせずカメラが濡れない環境で撮影をすることに頭を切り替えましょう。

 

雨の日に一眼レフを使った後のお手入れ方法雨の日に一眼レフを使用した後は、お手入れが肝心です。

カメラ初心者の方に多いのが、雨の日にカメラを使った後はそのまま放置してしまうということです。

実は、カメラは湿気が多いとレンズにカビが生えてしまうことがあるとても繊細なアイテムのなのです。

一度カビが生えてしまうと撮影時にカビが写り込んでしまうこともありますし、時間をかけて徐々に増殖しているため、レンジが使い物にならなくなることもあります。

レンジは数万円するものばかりなので大事に長持ちさせるためにも必ず雨の日にしようした後は乾燥した布で表面の水分を取り除くように心がけましょう。

そして保管場所には、除湿剤を入れるようにしておくとさらに良いですよ。

 

ディズニーで雨の中でも一眼レフで上手に撮影する方法ディズニーは撮影スポットいっぱいのテーマパークですよね。

せっかくスマホなデジカメよりも綺麗に撮影ができる一眼レフをお持ちの方に撮影時に心がけていただきたい撮影方法があります。

まずは、食べ物。食べ物を取るときは対象物との距離がすでに近いですが必ずズームをして撮影するようにしましょう。

近く対処ブツがあってもズームにすることで料理に立体感が出るので撮影写真の出来が大きくレベルアップすることができます。

また、ミッキーなど人物を撮影するときに構える方法として脇を締めることを心がけましょう。

脇が開くとカメラを持つ手が安定せず、ブレてしまうことがあります。

脇を締めることでブレが小さくなり、撮影の失敗が少なくなりますのでオススメです。

せっかくのディズニーで最高の1枚を記録するためにも、あらゆる場面で最高の撮影を行えるように工夫していただければと思います。

-年間行事
-, ,

Copyright© 子育て・家事・家計・美容・健康・ダイエットにまつわる疑問あれこれ解決 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.