年間行事

バスツアーを中学生だけで利用したい!気を付けるべきことなどまとめ

投稿日:

最近ではいろんなバスツアーが開催されており、幅広い年齢層の方が参加している人気のツアーがいろいろあります。

そんな中、中学生くらいの子どもでも「行ってみたい!」と思うような魅力のバスツアーも企画されていることもあり、「今度このツアーに行きたい」と子どもだけで行きたいと言われた、という親御さんも実際は多くいるようです。

そんなときはどのようなことに気を付けるべきか、ご紹介したいと思います。

バスツアーに中学生だけで参加ができるか事前に確認しておく

まずはこのステップが必須です。中学生のみでの参加が不可の場合もあるので、事前にきちんと確認しておくことが大切です。

また、中学生のみでの参加が可能な場合でも、保護者の同意が必須であることが多いようです。

特に夜間のバスツアーでは制約事項を設けられていることもあるので、事前に確認しておくことが大切です。

中学生だけでバスツアーに参加するときはトイレ休憩や移動する範囲に注意する

バスに乗る前やトイレ休憩時はきちんとトイレを済ませておくといったことも話し合っておくようにするといいでしょう。

バスツアーでは定期的にトイレ休憩があることも多いですが、中学生の場合は、普段と違う環境や雰囲気にちょっとトイレが近くなるようなこともあるかもしれません。

周りには大人が多いバスツアーでは、そういった点までカバーできない部分もあります。

そういったことも踏まえて、トイレ休憩はまめにしておくといいですね。

 

また、バスツアーは集団行動でもあるので、周りの人に迷惑をかけないような行動を心がけるよう注意したいですね。

夢中になるとつい行動範囲が広がってしまったり、大人であれば注意できることも中学生くらいの年齢であると、つい遠いところまで来てしまった、集合時間に遅れてしまう、といったことにもなりかねません。

ツアーでは自由行動がある場合もありますが、その際には移動する範囲にも注意が必要です。

保護者が参加せず中学生だけでバスツアーに行くときはアレルギーや既往歴を主催者側に伝えておく

アレルギーや既往歴によっては、ツアー内で配慮しなければならないこともあるので、事前に情報が必要な場合もあります。

特に、食事のアレルギーなどはきちんと伝えておくことも大切です。

中学生だけでバスツアーに参加するというときに注意したいことの1つに、アレルギーや疾患の既往歴で注意しておきたいことがある場合は事前に主催者側に伝えておくことも必要です。

中学生だけでのバスツアー参加時は「万が一のトラブル」について事前に話し合っておく

中学生くらいの年齢だと、昼夜に関係なく警察に保護者の同行はあるのか、といったことを聞かれてしまうこともあるため、そういったときにはどのような対応をするべきかについて、事前に話し合っておくといざというときでも落ち着いて対処することができます。

その時の対応次第では、バスの出発が遅れてしまったり、周りの参加者に迷惑をかけてしまうことも考えられます。

きちんと「このバスツアーに参加している」ということを証明できれば、大事には至らないので、周りの人に迷惑をかけないためにも、連絡手段や証明する方法について認識を合わせておくといいでしょう。

中学生だけのバスツアー参加のルールを守ろう!社会の中でのルールについて事前に話し合っておく

中学生くらいの年齢であれば、つい楽しいあまり、周りが見えなくなってしまうこともありますよね。

「騒がない」「周りの人と行動を合わせる」「困っている人がいたら配慮する」といったことを意識して、楽しいバスツアーを過ごせるための社会ルールについて把握しておくことも大切ですね。

中学生くらいの年齢だと、バスツアーが楽しくてついはしゃぎすぎてしまったり、騒いでしまって周りの参加者に迷惑をかけてしまうといったことも考えられます。

楽しい時間なので、ついはしゃぎたくなってしまう気持ちはわかりますが、修学旅行のように周りには同じ年齢の方ばかりではなく、年配の方や小さい子ども、幅広い年齢層の方が同行しています。

そういったことも踏まえて、周りに配慮した節度のある行動を心掛けるよう、事前に話し合っておくことが大切です。

-年間行事
-,

Copyright© 子育て・家事・家計・美容・健康・ダイエットにまつわる疑問あれこれ解決 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.