妊娠・妊婦

妊婦が車や電車に乗ることきに気を付けることまとめ

投稿日:

妊娠してご自身の体内に小さな命が宿った状態の妊婦さんは、たとえ初期であってもデリケートで気を付けるべきことがたくさんあるといえます。

中でも病院や職場へ出かけるときに、車や電車に乗って出かける必要がある方は、どうすれば安心して移動できるだろうと心配になってしまうことでしょう。

そこで今回は妊婦が車と電車に乗って移動する場合に気を付けることをまとめてみました。

移動を開始する前にチェックすべきポイント

まず車にせよ電車にせよ、移動を開始する前にチェックすべきなのが自分自身の体調です。

たとえばつわりがとてもひどい状態でふらふらするのにひとりで電車に乗るのは危険ですし、睡眠・水分・食事が十分にとれて万全の状態で乗るほうが良いといえます。また移動に耐えうる健康状態であっても、激しい揺れを受けるような山道が移動ルート上にある場合には、予め留意しておく必要があります。

もしも何かの不安がある場合には、妊産婦に配慮したサービスを提供してくれるタクシーなどを活用するのがおすすめです。

車・電車に乗る際の服装は?

車や電車に乗っての移動は、自宅で静かに過ごしている時よりも身体に負担がかかることが多いものです。故にできるだけ身体を締め付けないワンピースやスパッツなどの緩めのお洋服を着ておくほうがよいでしょう。

また車にしても電車にしても空気の入れ換えがあまりない密閉された空間に複数の人間がいる状態で一緒に妊婦も過ごすことになります。当然風邪や感染症などのウイルスから逃れることはできないので、マスクも忘れずに身につけておきましょう。

そしてマタニティバッチなどの妊婦であるという情報を周囲に伝えるアイテムも用意するようにしましょう。たとえ外出前に体調がよくとも、何かしらの緊急事態が発生した場合に適切な処置を受けるために大変有効です。

遠方の場合にチェックするべきポイント

もしも帰省や旅行などで普段かかっている病院とは離れた場所へ車・電車で移動する場合には、道中・目的地にある病院をチェックしておきましょう。もちろん無事に出産するまで何事もないのが一番ではありますが、油断せず念のため携帯電話に連絡先のメモをとっておくと安心です。

また妊娠中は血液量が通常よりも増え、むくみが発生しやすい状態でもあります。脚部の血栓を防止するためにも普段よりもこまめに休憩をとるように心がけ、可能であればちょっとした体操をするとよいでしょう。

あると便利なものとは?

妊婦が車や電車で移動する場合に携帯しておくと便利なものがいくつかあります。妊娠初期のころですとつわりなどに備えて小さめのビニールごみ袋や口をゆすげるように水のボトルなどは持っておくと安心です。

また空腹や密閉状態でこもったにおいで気分が悪くなる場合もありますので、ご自身の体調に合った飴やグミなどの小さめのお菓子もおすすめです。

 

一方で後期から臨月にかけては急に破水するケースもないとは言えないため、大判のストールやタオル、またはレジャーシートを備えておくとよいでしょう。これはタクシー会社によっては、客席保護のためにレジャーシートを用意してほしいとお願いされるケースもあるためです。

さらに初期から臨月に至るまで、通期で是非携行しておきたいのが除菌用ウエットティッシュです。特に感染症が流行する冬ですと、不特定多数の人が利用する駅のお手洗いでさっと取り出して除菌することが出来ます。また気分が悪くなった場合の後処理などをスムーズに行う場合などにも有効です。

まとめ

以上のように、妊婦が車や電車に乗る際に気を付けたいことをまとめてみました。

長いようであっという間の10か月間、ご自宅のみならず車や電車などでの移動のシーンでもお母さん赤ちゃんともに快適にそして安全に過ごせるように気を付けていきましょう。

-妊娠・妊婦
-, ,

Copyright© 子育て・家事・家計・美容・健康・ダイエットにまつわる疑問あれこれ解決 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.