妊娠・妊婦

妊娠してる時に電車酔いにならないための注意点まとめ

投稿日:

妊娠をした女性の体には様々な変化が訪れます。

妊娠前は乗り物酔いには無縁だったママさんでも、妊娠後には電車などで酔いやすくなる事があります。安心して電車を利用する為にも電車酔い対策を知っておきましょう。

妊娠中特に初期は、電車酔いしやすい時期

妊娠前から乗り物酔いしやすい体質だったという女性は少し気づきにくい事もあるかもしれませんが、妊娠中の体は電車などの乗り物に酔いやすくなっています。

特にこの乗り物酔いを感じる事が多い時期が妊娠初期です。

妊娠中の体の変化は個人差ももちろんあります。なので中には、妊娠後期にも乗り物酔いがしやすい女性もいます。

なぜ妊娠中に電車酔いしやすくなるの?

乗り物酔いは、電車などによるスピードや揺れなどの影響を受けて、内耳の器官が刺激される事で起こります。普段私達はこの内耳の器官によって平衡感覚を保っているのですが、電車などで刺激を受ける事で体のバランス、そして自律神経が乱れてしまうことで乗り物酔いになってしまいます。

乗り物酔い対策として規則正しい生活や睡眠をしっかりとるなどが推奨されています。けれど妊娠中には今までと生活がガラリと変わるので睡眠不足を感じるママさんも多くいます。

そして妊娠初期にはつわりの症状も多く、乗り物酔いも更に起りやすい時期になります。

妊娠中に電車を利用する時にできる酔わない為にできる対策

妊娠中は乗り物酔いしやすいから、といっても妊娠後も電車を使って通勤をする働くママさんもいます。

職場以外にも、病院などへ向か時など電車を利用する場面がありますよね。そんな時でも安心して電車で過ごす為にできる妊娠中の電車酔い対策を覚えておきましょう。

ゆとりのある締め付けの少ない洋服で電車に乗ろう

仕事ではオフィスカジュアルで出勤しなくてはいけない事もあるかもしれませんが、なるべく締め付けの少ない洋服を選ぶようにしましょう。

ゆとりのある洋服の方が電車内でも比較的リラックスして過ごす事ができます。

お気に入りの香りをお守り替わりに

妊娠中の電車酔いのきっかけで多いのが、電車の匂いです。つわりの時期と重なれば今までは平気だった匂いにも敏感になってしまって苦手になってしまいます。

なので電車に乗る時にバックなどに忍ばせておくと安心なのが自分が好きな香りです。
アロマを数滴たらしたハンカチや、お気に入りのハンドクリームなどを使うと気分転換の効果が期待できます。

飴やガム

電車内でも周りに迷惑をかけることなくすぐに食べる事ができて、電車酔い対策ができる万能アイテムが飴やガムなどです。

妊娠中、電車で出かける時には飴やガム、またはキャラメルなどを持っていきましょう。酔いそうだなと感じた時や電車酔いにならないか不安な時などにも口に含むことで、気分転換にもなるんですよ。

電車が混雑している時間帯は避ける

妊娠中に電車を利用する時には、電車が混雑している時間帯を避けるというのもおススメです。

ラッシュなど人の多い電車内ではお腹が圧迫されてしまう事があります。お腹が圧迫されて電車酔いが加速してしまう事もあるので、なるべく混雑している時間帯は避けるようにしましょう。混雑している時間帯を避けると優先席や座席などにも座れやすくなるので快適に電車を利用する事ができます。

元々妊娠前から乗り物酔いしやすい体質だったけど、妊娠をきっかけに更にひどくなった女性は電車の乗る事に不安を感じてしまうかもしれません。

それでも乗らなくてはいけない時は快速や急行ではなく、各駅停車の電車を選びましょう。
各駅停車なら電車酔いで体調が優れない時に、次の駅で降りて少し休む事ができます。外の空気を吸うだけでも電車酔いがおさまりやすくなります。

少し休んでも体調が優れない時には、駅員室などへ行くようにしましょう。

-妊娠・妊婦
-, ,

Copyright© 子育て・家事・家計・美容・健康・ダイエットにまつわる疑問あれこれ解決 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.