妊娠・妊婦

妊婦が電車に接触すると大変なことに!電車に乗るときに注意することまとめ

投稿日:

妊娠しているのに電車に乗らなければならない時、どのようなことに注意したらいいでしょうか?

妊娠中電車待ちではどんな事故がおこるのか、ホームで電車待ちの時間、電車との接触、電車へ乗る際どのようなことに注意していけばよいのかご紹介します。。

[妊婦が電車に乗る際の注意点]

妊娠中、マタニティーマークをバックにつけているだけでは周囲からはあまり気づかれることは少ないかとではないでしょうか?

マタニティーマークを妊娠中付けるだけではなく、電車に乗る時間帯を混む時間帯から避ける事もまず一つの注意点ではないでしょうか。

妊娠中でも仕事をしている妊婦さんも多くいます。仕事をしているのでしょうがなく乗っているでは理由にはなりません。自らを守るためにも、1.2本早めに乗車をし、時間に余裕を持った行動がまず必要なのです。

駅のホーム待ちの際今まで通りに、電車を待つ。それでは、いざ何かあった時に体はすぐに動けるのか、そこから注意していくことが大事だと言えるでしょう。

まず駅のホームギリギリに立っていた場合、体調を崩しそのまま電車がきてしまったら、と先のことを考え行動することも必要です。

[妊婦の電車待ちでのトラブル]

電車待ちをする際、急に体調を崩してしまう妊婦も少なくありません。その際、もしも一番前に並んでいた場合、電車との接触、駅のホームへ転落。最悪の事態を招いてしまう可能性もあります。

以前駅のホームで妊娠中の女性が駅のホームでうずくまり、電車との接触事故により2500人もの人に影響がでたとう記事もあります。

混んでいる時間帯、ホームに人が沢山いるにも関わらず、電車のホームギリギリの場所で待つことなど、なにが起こるかわからないのであれば無理をせず周囲に早めに伝える事が大きなトラブルを未然に防ぐ方法です。

[妊婦のストレスなく電車に乗る方法]

電車のホームには椅子設置している駅は多くあると思います。まず、体に負担をかけないよう、早めの行動を心掛け椅子に座ることが重要です。

マタニティーマークをみて不快な思いをする女性も中にはいるでしょう。隠すまではいかなくとも、少し見える程度にし、体に少しでも余裕があるのであれば無理に女性の前に立たない。マタニティーマークを見て暴言を吐く人もいるので、周囲をよく見て行動するのが最も大切と言えるでしょう。

そして、男性の目線がストレスで体調不良になってしますなどの妊婦さんも少なくないと思うので、階段などからは少し離れていますが、女性専用車両の利用も活用するなど、自分が少しでもストレスを抱え込まない努力と配慮も事故を未然に防ぐ一つの手段です。

[電車では妊婦だけではない]

大きなお腹になってから、特に周囲の目線を感じることも多くなります。

そんな中すぐに気を使って貰える環境が必ずしもあるわけではないでしょう。「近くにいてもしも体調をくずされたら」「妊婦と一緒の車両だと気を使わなくてはならない」「すぐに席を譲らないと」など目線の中に優しさと苛立ちを感じることもあるのではないでそうか?

何故妊婦自身がここまで周囲の目線を気にしなくてはと思いますが、電車内は公共の場です。健康な人からお年寄り、障害者や子供、そして妊娠中の方や様々な人達が利用する電車だからこそ、お互いが気を使いあうことが最も大切な基本ですね。

[電車に乗る前の妊婦の心構え]

妊娠中に「少しなら我慢できるかも」この考えがトラブルの原因になってしまうことがあるかもしれません。

体調がいつもより悪い、お腹が張る、気持ち悪いなど自分のなかで今日は外出を控える。自分で気を付ける意識を高めることが、生まれてくる赤ちゃん、自分自身のため周囲のためにも大切です。

辛い時にギリギリまで我慢をせず、周囲に助けを求める勇気も大事です。

-妊娠・妊婦
-, ,

Copyright© 子育て・家事・家計・美容・健康・ダイエットにまつわる疑問あれこれ解決 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.