妊娠・妊婦

電車で妊婦に対する嫌がらせってあるの?嫌がらせに合わない方法とは・・・

投稿日:

電車で妊婦が嫌がらせにあったりトラブルに巻き込まれることがあります。嫌がらせやトラブルにあうと、不快な気持ちになるだけでなく、最悪、お腹の赤ちゃんや自分に危害が及ぶこともあります。

では、電車で妊婦に対する嫌がらせにはどんなものがあるのでしょう。また嫌がらせためには何に気を付ければよいのか、ということで今回は電車での妊婦に対する嫌がらせや嫌がらせにあわない方法をご紹介します。

電車内のマタニティマークで嫌がらせにあうかも!?マタニティマークを目立たせないこと

カバンなどにつけるマタニティマークが電車内での嫌がらせの原因になることがあります。「座席を譲ることを強制されたように感じた」「妊娠できない人への配慮が足りない」「妊娠は病気じゃない」など、マタニティマークがそれを目にした人を不快にさせるためです。

マタニティマークを目にして不快になるかどうかは相手の問題で、妊婦自身には全く落ち度はありません。しかし、妊娠中の安全を守るためのマタニティマークでトラブルや危害を招いては何のことやらわからないので、もし、座席を譲ってほしいなどの助けを必要としていないのなら、目立つ場所にマタニティマークをつけるのはやめた方がよいです。

特に妊娠初期は見た目には妊婦とはわかりません。マタニティマークを目立たせないことで、嫌がらせを避けることができます。

電車が嫌がらせにあわないために、親切に対してはまずはお礼を言うこと

妊娠中は電車内で座席を譲ってもらったり、声をかけられることもあります。あなたにとってはありがた迷惑の親切もありますが、善意で親切をしてくれた相手に対して「必要ないので」「けっこうです」とそっけない態度で応対しては相手は不快な気持ちになりますし、かちんときた相手があなたに嫌がらせをすることもあります。

譲ってもらった座席を断るときは、必ず最初に「ありがとうございます」とお礼を言うこと、お礼を述べたうえで「次で降りるので」「立っていた方が楽なので」と断る理由を明かし、相手の親切を受けることを辞退してください。また、座席を譲ってもらったときは、お礼を述べたうえで、できれば相手や自分が電車から降りる際にもう一度「ありがとうございました」とお礼を述べましょう。

混雑する電車で嫌がらせに!?妊婦は通勤ラッシュは避けること

お腹が大きくなってきたら、通勤ラッシュなど混雑する電車は避けた方がよいです。人や荷物がお腹に当たることもありますし、大きなお腹が場所をとるという理由で嫌がらせをされることもあります。

また、混雑する電車で「席を譲ってください」と頼むのも嫌がらせやトラブルの元です。妊娠中はなるべく混雑を避け、人の少ない電車に乗るようにしましょう。できれば、座っている人に頼まなくても座席に座ることができる電車を選ぶのがおすすめです。

通勤ラッシュに乗り合わせたときは、人が特に多いドア付近を避け、車両の奥に進んでください。また混雑する電車で、お腹が大きいのにさらに大荷物を持っていたり、リュックを背負って前も後ろも場所をとってしまうと、周りの顰蹙を買います。お腹が大きいときには、荷物を少なくしたり大きな荷物は網棚にのせるなど、周囲に気遣うことで、無用のトラブルを避けることができます。

妊婦への嫌がらせに対処するために気持ちに余裕をもって電車に乗ること

電車内で嫌がらせをされたとき、嫌がらせを受けながすことができるよう、気持ちに余裕をもって電車に乗るようにしましょう。目的地にぎりぎりの時間につく電車や、混雑する電車に乗ると、周りだけでなく妊婦自身もイライラして周囲にあたってしまいがちです。

約束の時間に余裕をもって到着できる電車に乗ること、人の少ない電車に乗ることなど、嫌がらせやトラブルを避けるために自分自身が気持ちにゆとりを持って電車に乗ることを心掛けてください。

 

以上が、電車での妊婦に対する嫌がらせや嫌がらせに合わない方法でした。

電車での嫌がらせを避けるために、マタニティマークは目立つ場所につけないこと、また、親切に対してはきちんと誠意をもって対応するように心がけましょう。通勤ラッシュを避けたり自分自身が気持ちに余裕を持つことも、嫌がらせやトラブルを避けるのに効果的です。

-妊娠・妊婦
-, ,

Copyright© 子育て・家事・家計・美容・健康・ダイエットにまつわる疑問あれこれ解決 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.