年間行事

衣替えのしまい洗い!洗濯のときに柔軟剤は入れる?3つの驚きの理由とは?

更新日:

衣替えの時期になると、また服を次回着るときに気持ちよく着ることができるように、洗って清潔にしまっておきたいという方も多いでしょう。衣替えのしまい洗いの時には、柔軟剤は入れた方が良いのかどうか悩みますよね?

そんな柔軟剤を入れたらいいのかのお悩みも一発で解決できる方法があります。

今回は、衣替えの選択で柔軟剤をいれるほうがいいのか、その理由をご紹介します。

衣替えの洗濯は柔軟剤でにおいをとろう

衣替えで衣類をしまう時には、においをとるためにも柔軟剤を活用すると良いでしょう。

長い間衣類をしまうとなると、気になるのがにおいです。

冬物の衣類は厚手で乾きにくく、部屋干しをすると生乾きのにおいなども悩ましい問題です。

汚れやにおいがついたまま衣類を長い間しまっておくと、また着たいと思った時に嫌なにおいがしみついているということにもなり兼ねません。

衣類をしまっている間に他の衣類ににおいが移ってしまうという可能性も出てくるでしょう。

柔軟剤は、そのようなにおいの悩みも解決してくれるでしょう。

柔軟剤も様々な作用のものがありますが、抗菌の成分が入った柔軟剤を使えば、清潔を保つことができ、においも気になりません。

また、消臭・防臭効果の高い柔軟剤を使えば、しまっておく衣類のにおい移りの心配も軽減されるでしょう。

柔軟剤も多種多様ですが、それぞれの衣類やしまう場所に合った柔軟剤を使うことでにおいもつかずに清潔にしまっておくことができるでしょう。

衣替えの洗濯は柔軟剤でしわを減らして綺麗にしまおう

衣類の気になるしわは、洗濯でつく洗いじわを減らす効果のある柔軟剤を使うと便利でしょう。

洋服を着ようと思った時、しわがあると気分も落ち込んでしまいがちです。

着ようと思った時に、しわをわざわざアイロンがけで綺麗にするのもまた手間となり時間もかかってしまいます。

洋服を着るときはきれいな状態の服を身にまとって出かけたいものです。

柔軟剤の中には、洗濯をする時にできるしわを減らし、なめらかに仕上げる効果のある柔軟剤もあります。

衣替えでは、長い間衣類をしまっておくので、しわしわの衣類より、できればすっきり綺麗な状態でしまいたいという方も多いでしょう。

しわのあるまましまっておくと、しまっている間にも加圧がかかり、余計しわが目立つことにもなり得ます。

しわをのばすためにアイロンをかけるという方法もありますが、その前に洗濯段階で柔軟剤を使って洗いじわを減らしておくと、洗濯のあとのしわを伸ばすことも簡単になるでしょう。

衣替えの洗濯は柔軟剤で衣類をふっくら保とう

衣替えで洗濯をするときは、柔軟剤でやわらかくふっくらと仕上げてからしまうと、衣類の触り心地や風合いも保つことができます。

このひと手間をかけるだけで次回もまた気持ちよく洋服を着ることができるようになるでしょう。

柔軟剤を使わずに洗った衣類は、肌触りも悪くなりごわつきがちです。

ざらざらとした衣類は、そのまま長い間しまってしまえば、生地も劣化しやすくなってしまうでしょう。

柔軟剤でやわらかくふっくら仕上げておくことは、洋服を良い状態を保つのにとても役立つと言えます。

衣類は気に入って買った洋服はワンシーズンで終わらせずに長く着ていきたいものです。

柔軟剤を使うことで衣類の風合いも保て、長く衣類と付き合っていくことができるでしょう。

まとめ

普段の洗濯では、香りや柔らかく衣類を仕上げるために柔軟剤を使っている方も多いと思います。

衣替えの洗濯のときも、より洋服を清潔で良い状態を保つためにも柔軟剤をいれてしまい洗いをすることがお勧めです。

クリーニングに衣類を出すとプロの仕上がりで綺麗な状態で戻ってきますが、衣類のすべてをクリーニングに出すわけにもいきません。

そこで抗菌作用や消臭・防臭、しわを軽減させる効果のある柔軟剤を使うことで、家庭でも清潔でしわの少ない綺麗な状態で衣類をしまうことが容易になります。

柔軟剤の様々な効果を上手に活用して衣替えのしまい洗いをしていきたいものです。

 

いかがでしたか。今回は衣替えの洗濯時に柔軟剤を入れるのか入れないのか?その理由をご紹介しました。

これで衣替えの時に柔軟剤を入れて洗濯機を回すのか、入れないほうがいいのかっていうお悩みも解決することができますね。

衣替えの季節には、ぜひ参考になさってください。

-年間行事
-, ,

Copyright© 子育て・家事・家計・美容・健康・ダイエットにまつわる疑問あれこれ解決 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.