日々の生活を楽しむブログ~子育て・家事・家計・美容・健康・ダイエットにまつわる疑問あれこれ解決

日々の生活を楽しむブログ

スポンサードリンク


管理人日記

XjapanのToshlには音楽以外の才能もあった?ハイトーン歌声だけでない色んな顔をもつ男

投稿日:

前回は★Toshlは天才か?というお話をさせていただき

ました。

 

今回はToshl(とし)の才能について話をしていきたいと

思います。

 

XjapanのToshlと言えばあのハイトーンな歌声ですよね。

一度聴いたら絶対に忘れることのできない高音は

 

ロックミュージックになじみのない人でも

その才能を認めるところではないでしょか?

 

 

今回はtoshiの才能についてご紹介します。

 

 

toshiの才能~勉強はできたの?部活は?

toshiの才能についてお話する前に高校時代は

どのように過ごしたのか知っておきましょう。

 

ToshlはYOSHIKIと同じ安房高校を卒業しています。

 

安房高校ってどういう学校か知らない人が多いと

思います。

 

ToshlはYOSHIKIは千葉県館山市の出身で安房高校は

地元でも有名な進学校です。

 

安房高校のモットーは「文武両道」のためToshlは

野球部に所属しています。

 

その当時の丸刈りの画像もネット上に流出していますね。

 

 

さて将来はピアノの調律師になる予定だったのですが、

YOSHIKIに誘われて、調律師の専門学校に行くことを

やめました。

 

そして東京へ出ます。

 

ToshはYOSHIKIとすでにバンドを組んでいて

ツテも当てもないまま、仲間とともにライブハウスを

回ります。

 

こんな高校生時代を過ごしミュージシャンになっていきます。

高校は進学校ということで勉強もできたし、

文武両道の学校ということで野球部に所属。

 

さらにバンドもやっていたということで、忙しい高校生

時代を過ごしたようです。

 

それにしても勉強、野球、音楽とずいぶんと才能がある

ようです。

 

toshiの才能~音楽編・ヴォーカルとして

Toshlの才能として一番にあげられるのはもちろん

ヴォーカリストとしての才能ですね。

 

しかしはじめはバンドの中でギター担当だったようです。

その後ギター仲間が脱退することになり、ヴォーカルに

転向しました。

 

今思えば、そのギター担当がやめなかったら、Toshlは

ヴォーカルにならなかったわけで、

 

あの心を揺さぶる歌声は聞けなかったのですから、

運命と言うのは面白いものです。

 

 

Toshlの音域はもともとハイトーンで、Toshlの声に

合わせてYOSHIKIが作曲をしました。

 

インディーズ時代の1作目のアルバム『Vanishing Vision』、

メジャーデビューを果たしてからの2作目のアルバム

『BLUE BLOOD』を聞いていただくと分かりますが、

 

この当時からToshlの声はものすごく高いキーです。

 

男性には珍しいほどの高い声の持ち主です。

 

しかしこのころの声は雑音が多いというか、無理に絞り

出しているような声をしています。

 

声帯に負担をかけているような感じ。

 

その後、3作目のアルバム『Jealousy』を出します。

そして『DAHLIA』を出したあたりから、

 

「Toshlの声質が変ったなあ」

 

という気がします。

 

つまり全体的にきれいな声になって、高音を無理なく

きれいに出せるようになっています。

 

これはたぶんヴォイストレーニングのおかけなんじゃ

ないかと思います。

 

ここまでToshlのヴォーカルとしての才能を見てきました。

 

 

もともと声が高かったけど、毎日のトレーニングで

さらに磨きをかけて透明感のある美しい高音が

出るようになったようです。

 

Xjapanはアルバム『Jealousy』の時までは各メンバーは

Xjapanの仕事を優先させていますが、

その後はソロ活動も増えてきました。

 

ギターのhideはソロでヴォーカルに挑戦していましたし、

Toshlもソロで歌っていました。

 

当時、ミュージックステーションなどの音楽番組に積極的に

ソロで出ていましたね。

 

その時のToshlはピアノの弾き語りもしていたので、

ピアノを弾くこともできるようです。

 

toshiの才能~バラエティ出演

その後ToshlはXjapanを脱退して洗脳生活に入ります。

 

洗脳期間の様々なことについては割愛しますが

洗脳から帰ってきて、Xjapanを再開する流れの中で

Toshlはバラエティ番組に出演することになります。

 

たぶんとっかかりになったのは『金スマ』だと

思います。

 

洗脳生活についての特集です。

 

 

それ以降、バラエティからオファーがかかるように

なり、Toshlの性格からして快く承諾して

バラエティに出続けているらしいです。

 

「飽きられるまで」

 

とToshl本人は言われていますが、バラエティでの

人気は高いようです。

 

Toshlのファンからは

「Toshl テレビ出すぎ・・・」

と思われているそうです。

 

 

私の中で最高だったのが2016年4月20日に放送された

バラエティ番組「水曜日のダウンタウンSP」(TBS系)。

 

「ものまねショーに本人がそっくりさんとして出ても

意外と気付かれない説」

 

を検証するため、新人ものまね芸人“トシ郎”

扮して、ものまね劇場の老舗「そっくり館 キサラ」の

ステージに立った放送です。

 

楽屋で他の物まね芸人さんと話をしても気が付かれる

ことなく

そのままステージに上がってもお客さんに気が付かれる

ことなく

無事に番組は終了します。

 

大成功したってことです。

 

楽屋で物まね芸人さんに絡まれても、Toshlは常に

低姿勢なので

 

本物のXjapanのToshlだとは誰も気が付かなかったそうです。

 

その後、バラエティからのオファーが増えて、

 

ライザップのお料理教室に体験入学してみたり、

自宅を公開してみたり

 

などバラエティで活動しています。

 

 

Toshlがなぜバラエティで受け入れられているのか

というのは

 

1、Xjapanという伝説的なロックバンドのヴォーカル

をやっていたこと

2、ロックバンド出身なのにToshlの性格が生真面目で

常に低姿勢なところ

 

この2つのギャップが面白くて「うけている」んだと

思います。

 

Xjapanはヴィジュアル系バンドなので破天荒なイメージが

ありますが、Toshlは常に普通の人で、

言うなればサラリーマンっぽい人柄です。

 

イメージと人物とあまりにも隔たりがあり、

どんなテレビ側の要求も素直に実践するところが

テレビを見ている人にも面白く映るのでしょう。

 

そんなToshlは音楽だけでなく、バラエティでも才能を

咲かせていますね。

 

今後のToshlのバラエティ出演も要チェックです!

 

toshiの才能のまとめ

以上、Toshlの才能についてまとめてみました。

 

音楽以外の才能もあることが分かりましね。

 

あと、自叙伝の『洗脳 地獄の12年からの生還』も

ゴーストライターを使ったわけでなく、自分で書いた

と言われています。

 

(あるバラエティの自宅訪問のときに、この部屋で

書いたと言われていました)

 

 

そうなると著述家、著者としての才能もあるのかも

しれません。

 

これからも目が離せないToshlをこれからも

応援していきたいです。

スポンサードリンク


-管理人日記
-, , , ,

Copyright© 日々の生活を楽しむブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.