日々の生活を楽しむブログ~子育て・家事・家計・美容・健康・ダイエットにまつわる疑問あれこれ解決

日々の生活を楽しむブログ

スポンサードリンク


年間行事

卒園式の服装にコサージュはつけるべき?NGな色や素材を紹介

更新日:

華やかな入園式の装いとは違い黒がメインとなる卒園式。それだけに服装選びに迷う人も多いと思います。そんなママにおすすめの卒園式コーデをご紹介させて頂きます。

卒園式の服装

基本的に卒園式での服装はスーツまたはワンピースとなります。色は、春らしいパステルカラーを選ぶ人もいますが、それらはどちらかと言えば入園式におすすめのカラーとなります。そのため、卒園式の場合は黒や紺を選ぶことをおすすめします。

そうすることで、周りから目立つ心配もありません。また、以前は卒園式と言えばブラックフォーマルを使用している人も多いようですが、最近ではブラックフォーマルを選ばれている人は少数派となります。とはいっても、もし、卒園式の服装に迷ったときはブラックフォーマルを選んでおけば絶対に間違いはないと言え安心です。

 

卒園式の服装にコサージュは必要?

卒園式の服装の場合、どうしても暗い色を選ぶ必要があるため、少しでも華やかに演出するため、コサージュを付ける人も少なくありません。もちろん、必ずコサージュをつける必要があるということはなく、黒や紺のシックな服装のみで卒業式に出席しても全く問題はありません。

ただし、ブラックフォーマルを選ぶ際は、コサージュがあった方が卒園式の服装にふさわしいものになることと思います。

 

卒園式の服装にコサージュを付ける際の色は?

では、次にコサージュを選ぶ際の色についてご紹介させて頂きます。卒園式の服装の場合、洋服の色は黒や紺のほかダークグレーなど暗い色の服装が基本となります。

そのため、それらに合う色のコサージュを選ぶことが大切になります。黒といったはっきりした色に合う色ということで、赤やワインレッド・青や紫などのコサージュに目が行ってしまいますが、正直なところ、このような色のコサージュは卒園式には不向きな色となります。はっきりした色の方が華やかな見えることは間違いありませんが、少し上品さに欠けてしまうのです。

そのため、コサージュの色は少し色落とした落ち着いた色のものを選ぶことをおすすめします。そうすることで華やかになりすぎず上品さを演出させることが可能となります。

 

卒園式の服装にコサージュを付ける際の素材は?

次に大切なのがコサージュの素材選びです。一番、おすすめなのは生花となりますが生花の場合、取り扱いが難しく、また、一度きりしか使用することができないため、実用的ではありません。

では、どんな素材が良いのかというと、シルクやオーガンジーなどのコサージュがおすすめです。ビーズや皮のコサージュも一見、素敵に見えますが、少しカジュアルなものとなるため、フォーマルが基本となる卒園式の服装には合わない素材となります。

卒園式の服装にコサージュ以外に何がおすすめ?

コサージュは少し苦手だという人には、パールのネックレスがおすすめです。特に小さなお子様を連れて卒業式に出席する場合、コサージュが邪魔になってしまうこともあります。とはいっても、何もつけていないと寂しいという際にはパールのネックレスがぴったりなのです。

パールのネックレスを選ぶ際は、あまり長いものを選ぶのではなく、また、一連のものを選ぶことをおすすめします。そのほか、パールのブローチなども華やかでおすすめです。

 

まとめ

以上が卒園式の服装におけるコサージュについてとなります。必ずしも付けなければいけないということはないコサージュですが、コサージュ一つあるだけで一気に華やかにさせることができることは間違いありません。

ただし、あまりにも派手なコサージュはNGとなるため、色や素材には十分に注意し選ぶようにしてください。また、コサージュをつける位置も鏡で確認し、卒業式に参列して頂けたらと思います。

 

関連記事

卒園式でのママの髪型アレンジ法!簡単で上品華やか

卒園式の髪型!ボブの長さを簡単アレンジして爽やかで上品な印象に

スポンサードリンク


-年間行事
-

Copyright© 日々の生活を楽しむブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.