日々の生活を楽しむブログ~子育て・家事・家計・美容・健康・ダイエットにまつわる疑問あれこれ解決

日々の生活を楽しむブログ

スポンサードリンク


お出かけ

高尾山を子供と登山するときのおすすめコースとは?ベビーカーでもOK?

投稿日:

初心者でも安心して登山を楽しむことのできる高尾山。でも子供と一緒に行く場合は、「子供と一緒に登山ができるかしら?」と心配になります。そこで、今回、子供連れで高尾山登山を行う際のおすすめコースとベビーカーが可能かについてご紹介させて頂きます。

子連れにおすすめの高尾山コース

高尾山には、1号路~6号路・稲荷山コース・高尾山・陣馬山コースと全8種類のコースがあります。

もっと詳しいコースの説明はこちら

https://www.takaotozan.co.jp/course/

その中でも小さな子供と一緒に安心して登山を楽しみたいなら1号路がおすすめです。

1号路がおすすめの理由はまず第一に途中までケーブルカーで登っていくことができるという点です。

それにより、実際に歩く距離が短くなるだけではなく、ケーブルカーに乗ることで、子供の楽しみが一つ増えることにあります。

また、道も舗装されており歩きやすい点もおすすめのポイントです。子供の場合、トイレの心配もあると思います。そんなトイレ問題においても、1号路には、8か所のトイレが設けられているため安心です。

ベビーカーでの高尾山登山は可能?その際のコースは?

幼稚園児でも十分に登ることができると言われる高尾山ですが、もう少し小さな子供と一緒に登山を楽しみたいと思われることもあると思います。

その場合は、ベビーカーがあると便利です。登山にベビーカーが可能なのか?と思われるかもしれませんが、高尾山の場合、ベビーカーでの登山は可能です。

1号路を選択し少し遠回りになるもののう回路を通ることで、ベビーカーに子供を乗せたまま頂上まで登ることが可能です。

子供と一緒の高尾山登山は、どれぐらい時間がかかるのか?

子供と一緒に高尾山登山を楽しむ際は、できるだけ時間的に余裕をもって行動されることをおすすめします。登山シーズン中の高尾山は非常に混み合います。

そのため、ベビーカーを押してゆったりと登山を行いたいのなら、朝早く行くことをおすすめします。そうすることで混雑を避けスムーズに登山を楽しむことが可能です。

往復時間としては、ケーブルカーを利用すれば片道1時間ほどとなります。

子供と一緒の場合の1号路以外におすすめの高尾山コース

もう少し大きな子供と一緒に高尾山登山を楽しまれる場合は、高尾山の植物がテーマとなるコース、2号路がおすすめです。

40分ループコースとなり、1号路の中腹辺りにあるコースとなります。

このコースの中には、サル園・野草園の周りを中心にブナ、イヌブナ、シイ、カシなどたくさんの暖帯林や温帯林を観察することは可能となっています。

そのため、こういった植物に興味のある子供にはぴったりのコースとなります。

また、つり橋を楽しみたいのなら、4号路がおすすめです。ただし、4号路の場合、道は舗装されておらず、木の多い凹凸のある山道となります。

そのため、あまり小さな子供には不向きなコースとなります。

子供でも大丈夫な高尾山登山。それでも、持ち物にはご注意を!

子供でもコースを選ぶことで登山を楽しむことができる高尾山ですが、子供と一緒に登山を楽しむなら持ち物には注意が必要です。

高尾山の場合、登山シューズなどは不要ですが、履きなれば運動靴を子供には履かせるようにします。そのうえで、服装は重ね着が基本です。

登山する場合、途中で暑さを感じることも多く、脱ぎきしやすい重ね着が最適な服装となります。また、軍手などがあると便利です。

高尾山の場合、売店も豊富ですが必ず飲みものを持参することをおすすめします。また、小さな子供の場合、ミルクやお菓子などを持参することで安心して登山を楽しむことが可能になります。

基本的にベビーカーが必要な子供でも安心して登山を楽しむことができる高尾山ですが、子供が小さいほど持ち物などの準備を完璧にし、高尾山登山を楽しまれることをおすすめしたいと思います。

スポンサードリンク


-お出かけ
-

Copyright© 日々の生活を楽しむブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.