赤ちゃんがいる家庭に必要な災害グッズのリストを作ってみた

近年、台風や地震など災害が多発しており、その規模は一昔前と比べ物にならない程の大きくその分被害も大きくなっています。近年の災害に備えて防災グッズを購入した人も多いことでしょう。

ただしそんな時に困るのが赤ちゃんのいるご家庭なのではないかと思います。赤ちゃんに必要な災害グッズは一般的な防災グッズの中に入っていないので困惑した方も多いでしょう。

今回はそんな赤ちゃんがいる家庭で普段から備えておくべき防災グッズを解説していきたいと思います。

0歳の赤ちゃんのいるご家族で備えておくべき災害グッズ

0歳の赤ちゃんはお出かけ時でも荷物は多く必要になります。災害時であれば特にいつも以上に必要となるのは、やはりミルクや離乳食、オムツ、お尻拭きでしょう。

救援物資として避難所にも運ばれるが多数の人がいるためすぐにとはいかないものです。さらにはミルクを作るお水や哺乳瓶も必然的に必要となります。

この時完全母乳育児の方だと必要ないように感じるが、災害時は母親も気が動転していたりストレスを抱えているためいつもより母乳の出は悪くなるものです。そのため、可能な限り母乳育児であっても災害時用として、ミルクや哺乳瓶は用意しておくと安心でしょう。

粉ミルクは水では溶けないものですが、最近では液体ミルクが発売されている為、災害時用に何本か購入しておくと水不必要で作れるため、赤ちゃんにすぐにミルクを与えてあげられるので緊急時には重宝するのではないでしょうか。

粉ミルクにはキューブタイプもあるので、水を用意出来るならキューブタイプ、水がないなら液体ミルクと使い分けると良いのではないでしょうか。

赤ちゃんが安心する災害グッズとは

災害時、命を守るために必要なミルクや水、離乳食と必要不可欠なオムツとなりますが、その次に赤ちゃんに必要なのは「安心感」ではないでしょうか?

災害時は大人であっても不安や心配はつきまとうもの。赤ちゃんにとってはいつもと違う環境で家族が不安そうな顔色をしているだけで不安だらけになります。

そんな時に必要なのは母親の抱っこですね。災害時には道が混み合い多くのゴミや漂流物があるためベビーカーは向かないと言われています。

抱っこしながら逃げるなら両手が自由になる抱っこ紐が絶対的に有利です。いつもと違う環境の中少しでもお母さんの肌の温もりや心音を聞ける抱っこ紐で安心させてあげるのが一番でしょう。

さらにあると便利なのは大きめのタオルやブランケット。寒ければ防寒にもなり、暑ければ汗を拭いてあげれるので数枚持っていくと便利に使うことができます。

睡眠時には布団代わりとしてかけてあげるだけで少しでも安心させてあげられます。

赤ちゃんは睡眠時も不安になるため、日頃使っているタオルの匂いや素材に包まれるだけでも安心感を感じられるものです。ちなみに有名なアニメ、スヌーピーの中に出てくるキャラクターのライナスがいつもタオルを持っているのもこの心理だと言われています。

赤ちゃんがいるご家族であったらいい災害グッズは

離乳食やミルクや哺乳瓶、お尻拭きの次に必要なのはビニール袋です。

もちろん赤ちゃんのオムツや汚物入れとしても利用できますが、災害時一番使えないのが水です。

食事をする際にもビニール袋をお皿の上に広げ、お皿を汚さずにビニール袋だけを捨てて使うこと、さらに赤ちゃんをあやす時にビニール袋を擦って遊んであげても良いでしょう。

ビニールを両手で擦った時にでるシャカシャカ音は胎児であった時にお腹の中で聞いていた胎内音に似ているとも言われており、多くの赤ちゃんはこの音を好むと言われています。

持病がある赤ちゃんの災害グッズ

災害時には避難所にオムツやミルクなど必要不可欠な物資は届きますが、個人的な物は決して届かないと覚悟しておきましょう。

もし貴方の赤ちゃんに持病があるなら必ず母子手帳と保険証と一緒にお薬手帳をセットして持参するようにしましょう。災害時はお薬手帳があれば無料で薬を提供してくれる薬局があるのです。

ただし、薬の種類によっては簡単には渡すことが不可能な薬も多いですが、毎日服薬しているお薬があるならば、すぐにでも赤ちゃんに飲ませてあげたいと思うのが親心だが、そんな時にお薬手帳があれば、薬品名、日時、服薬方法が細かく記載されているため、調剤薬局で見せることで災害時は無料提供されるケースがあります。

持病がある赤ちゃんの薬は普段から予備を残すようにして処方してもらうと安心できます。

赤ちゃんがいるご家庭にあったら便利な災害グッズ

災害時、一番不安なことが逃げ遅れてしまうことです。赤ちゃんがいるご家庭であれば逃げ出る時間も多くかかってしまいます。そんなご家庭にあったら便利な災害グッズがホイッスルの笛やペンライトです。

もし、災害時に逃げ遅れて孤立してしまったら、ホイッスルやペンライトを使って助けを求めるのに有効だからです。ホイッスルは遠方まで音を伝えるのに効果的であり、ペンライトは夜になって夜空にクルクルと回せば居場所を遠方からでも知らせることができます。

災害はないことが一番ですが、準備をしておくことで少しでも日々の暮らしが安心できるものとなります。今一度見直してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました