TBSドラマ『日本沈没ー希望のひとー』の主演・小栗旬の役どころと過去の作品

TBS日曜劇場で2021年10月スタートのドラマ『日本沈没ー希望のひとー』。主演小栗旬ということで話題になっています。

小栗旬の役どころと過去にTBSドラマで小栗旬が主役をつとめた作品などを紹介します。

TBSドラマ『日本沈没ー希望のひとー』の主演・小栗旬の役どころとは?

TBSドラマ『日本沈没ー希望のひとー』は1973年は小松左京の「日本沈没」という小説が原作です。

主演の小栗旬が演じるのは原作にないオリジナルキャラクターです。

天海啓示(あまみけいし)、39歳という環境省の官僚の役をつとめます。

 

野心家で大義のためには手段を択ばないという性格で、強引なやり方で政策を推し進める役です。

官邸主導のもとに各省庁の次世代を担う精鋭たちを招集した「日本未来推進会議」に環境省代表として参加がきまり、会議で活躍をするというやり手官僚を演じます。

小栗旬ファンからは「かっこいい!」「すてき~」とため息が出てきそうな役柄ですね。

2022年の大河ドラマの主演との関係は?

小栗旬は2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の主演が決定している今が「旬」な俳優さんです。

2022年の大河ドラマは2021年夏ごろから撮り始める予想です。

そのため、通常のドラマ撮影のスケジュールですと大河ドラマ『鎌倉殿の13人』と『日本沈没ー希望のひとー』と撮影がかぶってしまいます。

そのため、こちらのTBSは『日本沈没ー希望のひとー』はその前に撮り終わる予定ではないかと予想されます。

TBSの日曜劇場は質にこだわることで有名ですが、今回は小栗旬という今一番、注目されている俳優のスケジュールを押さえて、大河ドラマとの話題性も含めて盛り上げていきたい1作にしたいという意向がうかがえます。

2021年のTBSのイチオシのドラマになるのではないかと予想されます。

公式サイト

日曜劇場『日本沈没ー希望のひとー』
TBS「日曜劇場『日本沈没ー希望のひとー』」の番組情報ページです。

公式インスタ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日曜劇場「日本沈没ー希望のひとー」(@nckibou_tbs)がシェアした投稿

公式ツイッター

共演者は?

共演者としては松山ケンイチ、杏、仲村トオル、香川照之など。

松山ケンイチさんとは『リターンマッチ~敗者復活戦~』(東海テレビ・2004年)以来、17年ぶりの共演となります。

今回の役では環境省での同僚という役で松山ケンイチさんが出てきます。

小栗旬と杏さんは初共演ということです。

今回の『日本沈没ー希望のひとー』は内容が内容なだけに恋愛要素は少ないと予想されますが、視聴率や視聴者からの感想によっては、小栗旬と杏の恋愛物語にも発展するかもしれません。

原作から大幅にアレンジを加えた作品となるので、小栗旬と杏の恋愛についても注目です。

仲村トオルさんとの共演については、まず24年前の『ラスト・イニング』(NHK BS2・1997年)で初共演してから、ドラマや舞台で共演を重ねてきた間柄です。

今作の競演は『二つの祖国』(テレビ東京・2019年)以来の2年ぶりになります。

仲村トオルさんとは共演を何度もしているので、小栗旬さんとの共演は楽しくやれそうですね。

仲村トオルさんの役は日本の総理大臣。

若くクリーンな政治家として支持の高い総理大臣としてこの日本沈没という未曽有の危機に直面することになります。

最後に香川照之との共演は映画「キサラギ」以来の14年ぶりとなります。

香川照之は日曜劇場にはなんと11回も出演しています。特に『半沢直樹』での顔芸は記憶に新しいですね。

小栗旬が過去にTBSドラマで主演をした作品

小栗旬が過去にTBSドラマで主演を演じた作品はいったいなんだったでしょうか?

2010年日曜劇場『獣医ドリトル』で主演をつとめました。

『獣医ドリトル』は視聴率もよかったので記憶に残っているかたも多いのではないでしょうか。

なんと11年ぶりに日曜劇場に戻ってくるのですね。

また小栗旬は2021年公開のハリウッド映画「GOZILLA VS. KONG」(原題)にも出演しています。

こちらの公開も楽しみですね。

まとめ

今回は2021年10月スタートのTBSの日曜劇場『日本沈没ー希望のひとー』について紹介してきました。

日本沈没という目に見えない危機が迫る中で、「見出していく希望」について描かれていきます。

2021年のTBSのイチオシのドラマとなりますので、普段ドラマを見ない方にも見てもらいたい作品となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました