徐文燕(じょぶんえん)棋士の学歴と囲碁の成績は?両親や熱愛は?

人物

徐文燕(じょぶんえん)初段は2021年日本棋院の棋士として囲碁プロの世界に入った方です。

そんな徐文燕(じょぶんえん)初段の学歴や過去の成績、ご両親について気になりますね。

また最近の熱愛報道なんかも知っておきたいです。

今回は、徐文燕(じょぶんえん)棋士について詳しくご紹介していきたいです。

徐文燕(じょぶんえん)の学歴と囲碁の成績は?

  

ではさっそく、徐文燕(じょぶんえん)棋士の学歴や囲碁の成績についてご紹介して行きます。

まず徐文燕(じょぶんえん)棋士の学歴はどうなっているのでしょうか?

不明

ということです。

まだ中学生ということで、学歴について詳しく出ていませんね。棋士は頭がいいことが多いのですが、これからの進学先が楽しみですね。

次に気になるのが過去の囲碁の成績ですね。

小学6年生 全国少年少女大会 準優勝

ということで小さい頃から才能を発揮していたようです。

さて、徐文燕棋士の目標の人は誰なんでしょうか?

藤沢里菜女流本因坊

ということです。

大きな目標に向かってまい進してもらいたいですね。

徐文燕(じょぶんえん)の両親は?

そんな徐文燕(じょぶんえん)棋士ですが、ご両親はどんな方なのか気になりますね。

母 金艶(きんえん)四段

ということです。

なんと、お母様が棋士だったんですね!

お母さんの金艶棋士は中国上海市出身。1988年に来日して、1989年に全日本女流アマ選手権戦優勝。

平成4年入段、12年二段、13年三段、25年四段という経歴の持ち主です。

お父様の情報は一切公表されていませんが、徐文燕(じょぶんえん)さんは「徐」という苗字なので、中国人の方ではないかと思われます。

徐文燕(じょぶんえん)初段は小学校に入る前に母の金艶(きんえん)棋士に囲碁のルールを教えられて興味を持っていったそうです。

3年生のときに小学生大会の東京代表になるなど実力をつけていきます。

光永淳造六段主宰の道場で研さんをつみ、6年時には全国少年少女大会で準優勝。

1年後の平成29年10月に日本棋院の院生となりました。

3度目の女流棋士採用試験で5勝2敗で1位になり、入段を決めました。

徐文燕(じょぶんえん)の熱愛は?彼氏はいる?

徐文燕(じょぶんえん)さんは可愛らしい女性なので熱愛などの報道も気になります。

不明

今のところ熱愛報道などはありません。彼氏がいるのかどうも不明ですね。

新しい情報がありましたら、加筆して紹介していきます。

さいごに

若い女流棋士の誕生ということで今後の活躍が期待されますね。

親子で棋士というのとで、将来にはお母様と対戦する場面なども見られることでしょう。

将来が楽しみな棋士ですので、これからも注目を浴びそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました