TOKYO MER 赤塚知事はどうして死者ゼロにこだわるのか?過去の体験から?

TOKYO MER 走る緊急救命室」が放送されていて、視聴率も高く人気が高いようです。

TOKYO MER は東京都の知事直轄の組織、そして「TOKYO MER の使命はただ一つ、死者を一人も出さないこと」とされています。

「死者を一人も出さない」というのは現実的に難しいことだと思うのですが・・・赤塚知事のこだわりが感じられます。

ではどうして赤塚知事(石田ゆり子)は死者ゼロにこだわるのでしょうか?これについて考察してみました。

TOKYO MER 赤塚知事はどうして死者ゼロにこだわるのか?

TOKYO MERで赤塚知事は死者ゼロにこだわっていますね。それではどうしてこだわるのでしょうか?

やはりご自身が経験されたなどの、おそらく過去に衝撃的な事件があって、異常なこだわりを見せるのでしょう。

赤塚知事は政治パフォーマンスが上手と言われていますが、単なる政治パフォーマンスで自分の部下を危険にさらすことをするでしょうか?

緊急管理対策室の駒場が現場に向かわせることを躊躇するなか、赤塚は対策室に現れて、MERに現場に向かわせるように指示をして責任は自分が取るといいます。

危険な現場に向かわせるということは部下の命の保証もなく、自分の政治責任も問われる行為です。

それなのに、MERに危険な崩落現場やガスが充満している工場に向かわせたりします。

これが単なる政治パフォーマンスなのでしょうか?

管理人アキ
管理人アキ

私は、いままで第4話まで見てきて、赤塚知事ご本人にもそうとう辛い過去があるのだと思っています。

例えば、親族を救助の現場でなくしたとか・・・

赤塚知事は結婚しているのか、子供がいるのか、そのような情報は出てきていませんね。

だから、旦那さんや子供を事故でなくしたなどのことが今後、出てくるのかも知れません。また、赤塚知事は政治家になる前は記者をされていたということなので、前職とも関係があるのかも知れません。

知事直轄の組織としてMERをを作り、危険な現場に入ることを許可するって、そういうな覚悟がないと出来ないことです。過去に何かあったとしか、考えられません。

TOKYO MER 赤塚知事はどうして喜多見をチーフにしたのか?あの事件との関わり

そんな赤塚知事ですが、TOKYO MER を作るにあたり、チーフを喜多見にお願いすることにします。

「喜多見以外にTOKYO MER のチーフを任せられる人間はいない」ということですが、ほかに人材はいなかったのかということも気になります。

喜多見には暗い過去があり、「あの事件」がバレたら、喜多見も赤塚知事も終わりということなのですが、それでも喜多見にチーフを命じたわけです。

それだけ、TOKYO MER にも思い入れもあるし、喜多見にも思い入れがあるということなのでしょう。

確かに喜多見は救急医としてとても優秀で処置も早い、他のスタップへの指示も的確。そして救急に対する思い入れが深い人物です。

それでもあの事件があかるみになると、喜多見だけでなく赤塚知事もふっとぶくらいの内容ということで、いったいどんな事件に関わっているのか、気になるところです。

考えられるのは、喜多見が救急で診断した患者がなくなったとかですかね?

政治生命をかけても実現したかったTOKYO MER 、そして喜多見をチーフにすえること。

今後の赤塚知事と喜多見チーフについてが気になりますね。

さいごに

TOKYO MER も第4話を迎えて、すこしずつ過去の経緯などの情報がわかってきました。

第4話では危機管理対策室の駒場室長が車椅子になった過去の事件なども放送されましたね。

今後は、赤塚知事がどうしてTOKYO MER にこだわるのか、残念な過去があるのか、それから喜多見チーフのあの事件とはいったいどんなことなのか、についてがあきらかになってくると思われます。

今後もTOKYO MER から目が離せませんね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました