TOKYO MER 音羽尚の年齢やエアグータッチ、ツンデレの理由

国内ドラマ

TBSの日曜劇場で「TOKYO MER(トウキョウエムイーアール)~走る緊急救命室」が放送されています。

主人公の喜多見医師(鈴木亮平)さんの敵役を演じているのが同じく医師で厚生労働省の官僚でもある音羽尚(おとわなお)です。音羽さんのことを熱演している賀来賢人さんにも人気が集まっています。

そんな音羽尚について年齢設定はいくつなの?また第4話で見せたエアグータッチにツンデレなの?という噂もありますので、そのあたりも深堀りしていきたいと思います。

管理人アキ
管理人アキ

今回は賀来賢人演じる音羽尚についてご紹介していきます。

TOKYO MER 音羽尚の年齢設定は?

まず最初に気になるのがTOKYO MER 音羽尚の年齢設定ですよね?

結婚をしているのか、子供がいるのかという情報は公開されていないのでわからないのですが、喜多見よりも若いのかなって感じがしています。

ただし、医師としての経験もそれなりにあり、そして医系技官としての官僚でも数年勤務しているのであまり若い設定では年齢が合わなくなります。

医科大学に現役で入って卒業するのが、24歳、それから研修医期間を経て、それぞれの科に配属されます。

音羽先生は救急のオペもこなしますので、医師としてそれなりの経験を積んでいることでしょう。

だから音羽先生の年齢は30代後半という設定なのかと思います。

一応、業界の通説をお話しますと、医系技官になる医者というのは、医者としては優秀ではないということらしいです。

なぜなら官僚になってしまうと、医者としての臨床経験が少なくなり技術を磨けなくなりますし、医者の現場が好きでないから官僚になる方も中にはいらっしゃるからです。

そんな通説がありますが、音羽先生は医師としての技術もある優秀な医者だということがわかりますね。

音羽先生を1話からもう一度、一気に見たいという方はparaviがおすすめです。無料トライアル期間が14日もありますので、その間に視聴すれば無料です。詳しくはこちらに書いてありますのでぜひご覧ください。

TOKYO MER 音羽尚のエアグータッチ、ツンデレの理由

TOKYO MER 音羽尚先生が第4話の最後で見せたエアグータッチ!なんだか最高でしたね。

4話は危険な崩落現場から移植用の心臓を救い出し、東京海浜病院に届けて移植手術を成功される物語でした。心臓が移植できる時間は摘出してから4時間という期限がありますが、なんとかやってのけました。

心臓の移植手術を担当したのが喜多見医師の元妻の高輪先生。

手術後にMERの部屋を訪れ、寝ている喜多見にグータッチをします。それを見ていた音羽先生はエアグータッチをしました。

音羽先生は医系技官として、今回のTOKYO MERを解体させるために厚労省から派遣されてる医師です。そのため、MERの仲間たちとも打ち解けることはしませんし、それぞれの人物のスキを狙っている人物でもあります。

しかし、音羽先生は医師として患者をいたわる気持ちは残っているようで、MERを解体することにより救急救命が受けられない患者が増えてしまうことは懸念しています。現場に出ると喜多見とはいいコンビを組んでいます。

なので表立って喜多見にグータッチは出来ない立場なのでしょう。
第4話の音羽先生のエアグータッチをもう一度みたいかたはparaviがおすすめです。paraviなら14日間無料で視聴できます。ぜひもう一度、ツンデレの音羽先生のエア グータッチをご堪能ください。
 
 
音羽先生はMERの中でも「あなたたちと私では立場が違う」と言われていますしね。
 

そんな音羽先生に対しては

・最後に全部持っていかれたわ
・もしかしてツンデレ?
・スタンディングオベーション

など音羽先生を称賛する声がSNSで上がっていました。

今後もツンデレ状態が続くのか、それともMERの仲間と仲良くなって仕事をすすめるのか、今後の見どころの1つだと思います。

TOKYO MER 音羽尚が医系技官になった経緯も今後明かされる?

そんな異色の経歴を持つ音羽先生。今後、ドラマの中で医系技官になった経緯も明らかにされるのでしょうか?

音羽は現場では変えられないこともあるので、成し遂げたい理想の医療を実現するために医師から官僚になります。

ということは医師免許と国家公務員第一種と、国家資格を2つも持っている超エリートなんですね。

そんな音羽が目指す理想の医療というのはどういうものなのでしょうか?そしてそれを実現するために、厚労省の中で音羽はどのような仕事をしているのでしょうか?

なんだか気になりますね。

音羽先生が目指す理想の医療について、それからどうしてTOKYO MERに反対するのかについてこちらで考察しています。よかったらこちらもみてくださいね。

今後、音羽先生の過去が明かされることもあるのかどうかも見どころの1つになってきましたね。

音羽先生の過去が明かされた第5話。paraviなら無料で視聴できます。詳しいことはこちらで書いています。

さいごに

今回はTOKYO MERの音羽尚さんについて詳しくご紹介してきました。

音羽先生はクールな現実主義者です。そして「みなさんとは立場が違う」「TOKYO MERをつぶすために厚労省はら派遣された」ということを言っていますが、MERがピンチのときにはいつも現場を助けてくれるとっても優秀な医師です。

これから音羽先生がどのような行動を取るのか気になるところです。

医師として救命を優先させるのか、官僚としての出世を優先させるのか・・・今後の音羽先生に注目したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました